出会い系サイトとクレジットカード決済の危険性

現在の出会い系サイトでは、年齢認証が必須になっていますよね。

免許証、保険証など、年齢の証明できる画像を送付したり、カード決済を行う事が必要です。

出会い系サイトだけに限らず、ネットのお買い物でよく使う機会のあるクレジットカード決済。
今回は、その危険性について考察してみましょう。

もし、あなたの利用しているサイトが、年齢認証無しで利用できる[出会い系サイト]だったら…それは危険かもしれません。
そういったサイトを使っている人は、ぜひコチラの記事も読んでみて下さい。

異性紹介事業とSNS
異性紹介事業とSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)出会い系サイト業界における、この2つの言葉を考察しようとする場合、かなり難解な文章になってしまいます。その為、最初にお詫びしておきますが、今回の記事ではという言葉が多用されます。最後まで読み...

年齢認証とカード決済の関係

まずは出会い系サイトを利用する時に必須の年齢認証に関してです。

現在の出会い系サイトは、18歳以下は利用できないルールになっています。
クレジットカードは18歳以上でないと所持する事が出来ません。

だからカード決済=18歳以上の確認が取れるという形になるわけです。

身分証の画像を加工したりして認証するより、はるかに簡単でお手軽なクレジットカード認証ですが、なんだか怖いイメージがありますよね。個人情報が盗まれてカードが不正利用されたり…そんな悪い想像をしてしまうのも無理はないと思います。
とはいえ、今の時代はネット上の買い物でカードは必須と言っても過言ではありません。
実際に悪質出会い系サイトでカードを使ったらどうなるんでしょう?

出会い系サイトでのカード決済は危険なの?

くそっ!この出会い系サイト真っ黒じゃねぇか!コンビニダッシュが面倒だからカード切ったけど…ヤバイかな。。
たしかにカードを切るまで悪質サイトだと気づかないネコさんの脳みそはヤバイですね。
ちげーよ!いゃ…ちがわないけど!!脳みそじゃなくて!カード情報悪用されたりするかもしれんだろ!
反省にならないので、あんまり言いたくないですけど…それたぶん問題ないですよ。
だって真っ黒サイトで使ったんだぞ!問題ないワケないだろ!
詳しく説明したいところなんですけど、喉が渇いて声がでないんですよ…
( ´゚д゚`)くっ…ちょっとコンビニダッシュしてジュース買ってくるわ!

カードで決済するってそもそもどんな事?

出会い系サイトを利用する私達のイメージだと、決済画面に入力した情報全てが、対象のサイト運営に伝わっているような印象があると思います。

でも実際には、サイト運営が受け取る情報は、このIDの会員がカードで〇〇円を決済しましたよ、という入金情報だけなんですね。あとは名前(カードの登録名)くらいだったかな?ちょっと記憶が曖昧ですが。

カードの暗証番号やら何やら全ての情報がサイト運営に握られてしまうわけではありません。

みなさんのカードにはJCBとかVISAの表示がされていると思いますが、出会い系サイト運営会社が、クレジット会社と直接契約を結んでいるわけではありません。
利用者とサイト運営の中間に、決済代行会社が仲介します。

決済代行会社ってなに?

出会い系サイトに限らず、ネットの買い物等では、コンビニ決済やクレジットカード決済、様々な支払い方法が使われていると思います。

その様々な決済方法を、サイト運営者が自分で導入して管理すると、ものすごい手間と費用が必要になるわけです。だから決済方法の整備や、入金情報の管理に特化した決済代行会社を利用する事になります。

決済代行会社は[様々な決済方法に対応する][入金・利用情報を保護する]事が重要な業務内容です。

決済というジャンルに特化した事業なのに、情報管理がザルだったり、入金されたお金をネコババしたりしていたら、決済代行会社として運営ができないわけです。もっとも大事なお金の管理に関する事を、信用できない企業には誰も頼みませんよね。

つまり、悪質出会い系サイトでカード決済をしてしまったとしても重要な情報は基本的に悪質サイトまで伝わらないので、冒頭のネコさんのような心配はいらないという事です。

例外もある

ネット上の買い物等でカード決済を利用した場合は、ほぼ決済代行会社を通る事になるので、過剰な心配をする必要はありません。

ただし、ネット上でカード情報を入力する事の全てが安全ではありません。

もっともわかりやすい例が[ワンクリック詐欺][フィッシング詐欺]です。

とにかくすごい裏サイトの利用料金が69万円未納だから、すぐ決済して払わないと大変な事になるぞ!!といった画面から、決済情報を入力させて盗む行為です。

これはそもそもカード情報を盗むための手口であり、決済ではありません。
代行会社が介在する余地がないので、カード情報を盗まれれば不正利用されてしまうでしょう。

こういった危険はネット上に限らず、リアルでも遭遇する危険があります。
「舌たらずな日本語のお姉さんが」気持ちいいマッサージをしてくれるお店では、カード決済は危険ですよね。

カード情報が不正利用されたら?

すぐにクレジットカード会社に連絡しましょう。

自分であれこれ対応しようとする前に、まずカード会社です。

正直いって、万が一不正利用された時に、私達ユーザー側がバタバタしても出来る事は無いに等しいので、カード会社に連絡して「先生お願いします!」が正解です。その後はカード会社からの指示を受けて行動するようにしましょう。

不正利用の補償に関しては、そのカードごとに異なりますが、ネット上の決済で利用するのなら、ネット上での不正利用に対応したカードを使いましょう。
万が一の備えがあるのと無いのでは安心感がまったく違いますから。

出会い系サイトでカード決済するメリット

大きな声では言えませんけど…

カード決済って返金とりやすいんですよ。
※個人の感想です^q^

少しオーバーな表現ですが、これはカード会社がすぐお金を返してくれるという意味じゃありません。
あくまでも、その出会い系サイトが悪質であった場合は、カード会社が適切な対応をしてくれるから返金に結びつきやすいという意味です。

?悪質出会い系サイトへの銀行振込と比較してみましょう。

銀行振込は?⇒悪質業者の口座に振り込みます。返金を求める先も悪質業者です。

カード決済は?⇒あなたと悪質業者の中間に代行決済会社が入ります。クレジットカード会社に返金を申請する事ができます。これが大きいんですね。

詐欺まがいの内容でトラブルが起きるという事は、代行決済を請け負う業者、クレジット会社の信用問題になるわけです。〇〇のカードは詐欺行為に加担している。なんて情報が出たら、誰もそのカードを使わなくなりますもの。

もしも悪質サイトに騙されてしまったら

悪質出会い系サイトの罠に落ちて、あからさまな詐欺被害を受けたら、容赦なく弁護士さん等の力を借りて、クレジット会社に返金を申請しましょう。

クレジット会社にそういったトラブルからの返金要請が入るということは、中間の決済代行会社にとっては、自社の信用失墜を意味します。

決済代行会社は社会的な信用が無いと、自分たちの事業そのものが立ち行かない職種です。
悪質業者のように、お金を返したくないからウダウダとごねたり、そのまま逃げたりといった事ができませんし、そんな事をする必要がないのです。
あくまでも、原因は悪質業者の営業内容であり、決済代行会社ではありませんから。

自社が代行を請け負っているサイトが実は悪質サイトで、返金トラブルが何度も起こったら、代行決済会社の信用にも関わる事になってしまいます。

代行を請け負うリスクが高すぎる顧客だと認識すれば、悪質サイトと手を切る選択もあるでしょう。
そういった決済代行会社が増えれば、悪質サイトは決済方法の確保に四苦八苦する形になるわけです。
効果としては地味ですが、悪質サイトにとっては大きなダメージですね。
コチラの記事も良かったら覗いてみてくださいm(__)m

課金する時にわかる事
みなさんはポイントを買う時にどんな決済方法(お金の払い方)を使っていますか?銀行振込、クレジットカード、コンビニ決済、電子マネー色々なお金の払い方がありますよね。どんなサイトでも課金に関わるページはキレイでしっかり作ってあると思います。そこが使いづ...
とある管理人のひとり言

クレジットカードを持っていない、もしくは決まった所以外では使わないような人には驚かれるかもしれませんが、私はけっこうなんでもカード決済で済ませてしまう事が多いです。

ついこの前も、外国のネットゲームで重戦車の様に課金をしてたんですよ。強くなりたくて。
「ジャパーンファァァァック!」とか言う外人さんをボコボコにして
「TORA!TORA!TORA!」
とか煽ったり、煽られたりして遊んでたわけです。

そしたら一時的にカードが止まり、カード会社から電話がかかってきまして…
『なんか外国でめっちゃ決済されてるけど、これ間違いない?大丈夫?』

「いや!ネトゲで重課金してるだけだから大丈夫です!」なんてやり取りがありました。

なにが言いたいのかというと…《カード会社はしっかり見てる》と。

昭和っぽい話で恐縮ですが、[東京⇔新大阪の新幹線回数券]なんかカード決済したら、今の時代でもその瞬間にカードがビタ止まりすると思います。

カード審査落ちた。〇〇ちね!

今回のテーマからはそれますが、せっかくだからこの話も。
クレジットカードを作りたいけど、収入や仕事の面で審査に落ちて作れないと困っている人へ。

私も同様の苦労をした経験があります。百貨店のカードとか、当時は審査落ちまくりましたものw
水商売や風俗業なんかだと、無職ではないのに審査に苦労するのも珍しくないですよね。

そんな私が友人からアドバイスを受けて、作る事が出来たクレジットカードは楽天のカードでした。

具体的に審査がどうのとかの知識は無いので確かな事は言えませんけど、カードを作るのに困ってるなら、まずは楽天に申し込みしてみたらどうでしょう。

…わかってると思いますけど、職業や年収がからっぽだと基本的に無理ですからね?
…まず作る事が重要なので、ショッピング枠、キャッシング枠とか最低の数字で申し込みですよ?

とにかく埋めるべきところは埋めないとダメです。友人のところで田植えを一日お手伝いをしてもアルバイトです。今後一年田植えするつもりで年収を考えればいいんですからね。前向きに希望をもって生きましょう!

冗談はさておき、ネット関連会社のクレジットカードだと、上記のネット不正利用の保険もついているカード会社が多いです。たしか楽天もついていたはずなので、最初の一枚にはオススメできるんじゃないでしょうか。


どうしても出会い系が怖いなら、最初は[Vプリカ]を使ってみよう

出会い系サイトでカードを使うメリット、それは年齢認証が簡単な事、これに尽きると思います。

身分証明書の画像等を送付して認証するのが心配な人も多いはずです。実際には生年月日が確認できればいいので、住所等は消して送ってもかまわないんですが「身分証明書の画像を送る」という行為そのものに不安を感じるのは当たり前だと思います。

自分は異性と知り合いたいのに、出会い系の登録すら出来ないビビリだって自己嫌悪になる事はありません。それってみんなが感じる不安です。
私は自分が関わってきたサイトで、そういったお客様の対応をしていたので、気持ちはよくわかります。数年前と比べたら認証も厳しくなりましたし、ハードルが高く感じるのは当然です。
でも…忘れないで下さい。
優良な出会い系サイトの運営にとって、そういったお客様に安心して利用してもらえる環境を整えるのが仕事です。どんな些細な不安でも遠慮なくサポートに問い合わせましょう。そこで雑な返答しか出来ない出会い系サイトは、ハッキリ言ってゴミです。
ちょっと話がそれてしまいました。出会い系サイトは確かに怖いイメージはあります。
でも、悪質業者をスルーする要点さえ抑えれば、魅力的な遊び場だと私は思っています。
だからこそ、体験せずに諦めてしまったら「もったいないなぁ…」と感じてしまうのです。

?カードは個人情報が不安、身分証明書も心配…出会い系サイト出来ないよ~(ToT)と諦めてしまった人にちょっとした豆知識です。

ネット上で作成できるクレジットカード[Vプリカ]というものがあります。

作成時に詳細な個人情報の入力も必要なく、審査もありません。
電話認証/SMS認証は必要になりますが、普通にクレジットカードを作成する事に比べれば、気軽に作成する事ができます。
詳細な説明は別の記事にまとめますが、出会い系サイトに興味はあるけど、年齢認証がネックで踏み込めなかった人には夢のようなカードです。クレジットカードというよりも、プリペイドカードのような考え方の方が掴みやすいかもしれません。
全ての出会い系サイトの認証に対応しているわけではありませんが、年齢認証がネックの人は最初のキッカケとして使ってみるのもイイかもしれませんね。

最後に1つだけ重要な事を。

年齢認証が無い出会い系サイトほど怖い物はありません。気をつけて下さいねm(__)m