サクラを使うのはどんなサイト?

サクラを使うサイトの一因としてお客様の絶対数が少なく
《サイトの健全化にコストを使えない、使う余力のないサイトがサクラを使う》
という理由があります。
(あくまでも一因で、最初から健全にやる気のないサイトも多数ありますがw)

つまり、運営サイドの規模が小さく、
利用者の少ないサイトは基本的に警戒した方がいいという事です。
逆に言えば

「ここのサイトってネットでもよく見るな」
「広告つけたトラック走ってるなー」

などなど、広告宣伝費をしっかり使っていて、
運営年数が長いサイトは健全な運営をしてることが多いです。

なぜかって?
弱小サイトはお客様にPRする余裕すらないからです。

italy-1454688__340

本当は健全にやりたくても…ね。
お客様の少ないサイトが
そのサイトを存続する売上を得るにはどうするか?

→1人のお客様に多額のお金を使ってもらうしかありません
→後は察してください。

さて、ここまで書き連ねてきましたけど、いかがだったでしょうか?
「やっぱ出会い系は怖い…やめようかな。。」
いえいえ、そんなに怖がる必要はありません。

要は正しい知識を持って使いましょうってコトなんです。

包丁だって扱い方を知らなければ指をケガしますよね。
でもキチンと使えば便利なものです。

広告はサイト選びの大事な要素

ネットで検索するとよく大手のサイトさんの広告を目にします。
その圧倒的な広告の量に不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

いえいえ、それって実はすごく健全な事なんです。

お店がコストを使ってチラシを撒いてみなさんにPRしてるんですから。

だからこそ、大手サイトの信頼度と安心感は
多くの利用者に支持されるという結果で評価されているんですね。

さらに上を目指すべきか

「でもそれってみんなが利用するから競争率高いんじゃないの?」

え…?たくさんの人が使う出会い系サイトがイヤなんですか?
やっぱり同性のライバルが少なくて異性がたくさんいて、
穴場のようなところで、すぐ結果が出せるのがベスト?

なるほど!わかりました。
まかせて下さい。私は元業界人ですから!

animal-483860__340

それならココのサイト使ってみましょう。

と言って私がURLやバナーを置いていたら貴方はクリックしましたか?
それは少し危険な思考かもしれません。

なぜって?甘い話には…リスクがつきものです。
出会い系サイトを選ぶ上で

「そんな理想郷みたいなのあるわけねーじゃんw」
と、最初から懐疑的なくらいでちょうどいいかもしれませんね。

少しイジワルな記事になってしまった点はお詫びします。
でも、このブログの主旨として、
甘い話より、苦い話をたくさん知って
みなさんの今後のサイト選びに役立ててほしいのです。

どうか、今後もよろしくお付き合いください。

■今回のまとめ■

基本こそが王道である