Vプリカの作り方

先日の記事でクレジットカード決済をクローズアップしました。

その際に《Vプリカ》を簡単に紹介しましたが、今回の記事では実際にVプリカを作成するところまでをまとめてみます。

※関連記事はコチラから

出会い系サイトとクレジットカード決済の危険性
現在の出会い系サイトでは、年齢認証が必須になっていますよね。免許証、保険証など、年齢の証明できる画像を送付したり、カード決済を行う事が必要です。出会い系サイトだけに限らず、ネットのお買い物でよく使う機会のあるクレジットカード決済。今回は、その危険...

Vプリカってどんなもの?

インターネット上に作成するクレジットカードです。

作成したアカウントに課金する形でチャージして、その範囲内で決済します。
その為、作成にあたって収入面の審査は無く、登録さえすれば簡単に利用が開始できます。

自分で課金する分の残高しか使えないわけですから、当然と言えば当然ですね。
WEB上のアカウント内での管理なので、一般的なカードのように、プラスチックのカードが届く事はありません。

Vプリカを作る為の条件は?

特にありません。あえて挙げれば年齢制限くらいでしょう。

収入の証明が必要な書類の提出等もありませんし、そもそも利用できる限度額は自分でチャージした金額分だけです。イメージとしては電子マネーに近いかもしれません。

条件とは少し違いますが、チャージ時に電話番号/SMSによる認証が必要になります。
数年前に作成した時は電話認証は無かった気がしますが…時代の流れでしょうね(‘ω’)

Vプリカは一応クレジットカードなので、18歳以上でなければ作成してはいけないという明確なルールがあります。

登録時に年齢が確認できる書類の提出を求められる事はありませんが…(つまり…モゴモゴ)
18歳未満の人は絶対に作成しないようにしてくださいね。お兄さんとの約束だよ!(^_-)-☆

Vプリカのメリット

匿名性・安全性が高い

匿名性⇒簡単に言えば、ニックネームやあだ名でも作成する事ができます。さらに、詳細な住所等の入力も必要がありません。

安全性⇒Vプリカは自分でチャージした分しか使う事ができません。万が一、自分のVプリカ情報が流出したとしても、残高以上の被害を受ける事は、現実的に考えてありません。
カード番号等の情報も簡単に変更できるので、不安に思ったら変更してしまえばいいですよね。

>S.H. フィギュアーツ ●S.H. Figuarts 仮面ライダーV3

価格:5,980円
(2017/3/17 15:33時点)

 

Vプリカ作成前に注意するべき事

Vプリカでの決済に対応していないサイトやWEBショップがある

これがもっとも重要な注意事項だと思います。
クレジットカード決済は出来るけど、Vプリカは例外としているサイトもそれなりに存在します。
Vプリカ決済を使おうと思っているサイトで、事前によく確認してからチャージしてください。

当ブログは出会い系サイト関連なので、ここで使えるサイトと使えないサイトをリストアップしてもいいのですが、今後もずっと利用できる保証がないのに案内してしまうと、最悪の場合は記事を参考にして〇〇のサイトでVプリカを使おうと思ったのに、使えなかった!という結果に繋がってしまう可能性もあります。
その為、Vプリカが使用できるサイトか否かの判断は、ご自身で確認してから購入するようにして下さいm(__)m

Vプリカを作成してみよう

まずは公式サイトにアクセス!⇒Vプリカ公式サイト

※注釈※この記事は2017年3月に執筆しました。今後の公式サイトの改変等で画面デザイン等が変更される場合もあります。あくまでも参考としてご覧くださいm(__)m


?①トップページから、アカウント開設ボタンをクリック!


?②規約の同意を求めるチェックボックスにチェックを入れて次へ!


?③メールアドレスを入力して登録用のURLをメールで受け取ります。
※アドレスはフリーメールでOKです。私はヤフーメールで入力しました。


?④受信したメールに記載されているURLからアクセスして登録情報の入力画面へ!

下の画像からわかる様に、都道府県より詳細な住所の記入欄がありません。
電話番号はVプリカ使用時の認証で必要になるので、認証できる番号を入力しましょう。
それすらも心配なら、認証後に登録情報を変更してもいいかもしれませんね。
ちなみに、名前などの登録情報が正しくない場合はユーザーサポートを受けられないとの注意書きがあるので、サポートが必要ない人は自分の好きな名前で登録する事も可能みたいですね。


?⑤必要な情報の入力を済ませると、確認画面が表示されます。
問題がなければそのまま登録ボタンをPUSHして…登録完了です!


Vプリカのアカウント作成のまとめ

登録情報の入力画面を確認してもらえるとわかるように、詳細な住所の入力箇所はありません。
名前に関しても、あだ名やニックネームでも登録できます。

みなさんが作成する時に、1つだけネックになる項目があるとすれば電話番号の項目だと思います。
こればかりは個人の裁量の問題になってしまいますが…
Vプリカは名前の売れたカード会社《ライフカード》の運営であり、あくまでも利用に必要な認証用だと割り切って考えてしまえばいいと私は思います。
悪質出会い系サイトに電話番号を入力するわけじゃありませんからね。

Vプリカにチャージする

次はVプリカをカードとして利用できるようにする為に残高をチャージします。

Vプリカは自分がチャージした分が利用可能な残高になります。
ここが一般的なクレジットカードと違う部分ですね。例えて言えばJRのスイカの様な形でしょうか。
※繰り返しになりますが、利用予定のサイトでVプリカ決済が可能なのかどうかを、事前に確認してからのチャージをオススメします。

?Vプリカ購入の項目から⇒クレジットカード、ネットバンクからの入金でチャージ可能です。
コンビニ支払いも可能らしいですが、現在は中止しているようです。※2017年3月現在

?コード入力の項目から⇒コンビニ店舗の端末から必要な金額を指定して、レジで支払います。
発行されたコードを入力してチャージします。


■Vプリカ購入の項目から購入する

①購入する金額を決める
②カードデザインを選択(オンライン上なのでお好みで)
③カード名を設定(好きなように決めましょう)

これらを入力した後に、電話番号/SMS認証を行って、クレジットカードもしくはネットバンクの決済方法で支払いを行います。

■コード入力の項目から購入する

よくある電子マネー決済と同様に、コンビニでの支払い時に発行されたコードを入力します。
その後、電話番号/SMS認証を行ってチャージ完了です。

Vプリカで決済する

普通のクレジットカードと同様の決済を行います。

VプリカはVISAなので、カードの種類でVISAを選択して必要な情報を入力して決済完了です。

認証やアカウント開設がイヤならVプリカギフトもある


これはコンビニ等でよく見かけますし、使い慣れたプリペイドタイプです。
公式サイトに詳しい使用方法の記載があるので、そちらを確認してくださいね!

Vプリカ公式サイトにアクセス!⇒Vプリカ公式サイト

例外的な場合を除き、アカウント開設不要で利用する事ができます。
ただ1点だけ欠点を挙げるとすれば、値段がちょっと割高ですね(;・∀・)

総評

Vプリカ決済は、たしかに匿名性・安全性が高く手軽です。
とはいえ、利用できないサイトがあったり、購入時が割高だったりと、デメリットも存在します。

カード決済が必要だけど、カードを持っていない時なんかは手軽に使えるので重宝しますが、チャージ時の割高感など、もろもろを考えると…決済が不安なサイトでの最初の1回として使うのが賢い使い方かもしれませんね。

個人的な意見ですが、Vプリカは一般のカードと比べると、少し面倒に感じる部分もある印象です。
最近ではネットのお買い物や支払いでは、カード決済は必須とも言えるほど普及していますし、決済で貯まるポイントもバカに出来ません。
「カードは怖いから作らない」とか「カードは借金みたいなものだから!」といった考え方を否定する気はありませんが、その考え方を維持する為に毎回余計な手間や手数料を払っていくと考えると…なんとも言葉に困ってしまいます。

支払いが出来ないような買い物を衝動的にするかは別として、ネット用に1枚持っておくのは悪くない選択肢だと思います。
給料日前に遠くで車が故障してもカード1枚持っていれば、精神的にも安心できますから。

もし、カードを作る事を悩んでいたら、最初の1枚は楽天カードをオススメします。
社会の底辺を右往左往している私でも作る事が出来たので、それだけで楽天カードの評価は満点をつけたいくらいです。?? ?( ・’ω’・ )? ??