大型二種免許を取ろう!~その1~

どうも。当ブログの管理人をしています「ある」です。

このカテゴリでは、私が資格の取得に四苦八苦した記録をまとめていきます。
私はいまのところネットのお仕事で日々の糧を得る事ができています。

とはいえ…これがこの先何年も生活を保証してくれる自信が無いワケですよ。
このまま何の資格も持たずに年老いていくことにすごい不安を感じたワケです。

それなら、生活面でも体力面でも、多少の余裕がある今のうちに、何か資格を取得しておこうと思い立ったのです。

欲しいと思う資格はたくさんあるのですが、まずは第一歩として、ガツンとかましてやろうと思って大型二種免許に挑戦すると決めました。

まぁ…すごく立派な志を持って挑戦を決めたように表現しましたけども…要するに!

私はデッカイ機械とか車が大好きなんです!

大型二種ってどんな免許?

簡単に言うと、お客さんを乗せて大きな車を運転できる免許です。

普通の車の運転免許証は、正確には《普通自動車第一種免許》と分類されています。

第一種・第二種の違いは[商売として人を乗せられるか]どうかです。

第一種免許⇒商売としてお客さんを乗せられない。
第二種免許⇒お金をとってお客さんを乗せられる。

みなさんが普段の生活で使うタクシーは、普通の大きさの車でお客さんを運んでお金をもらいますよね。
タクシーだけを運転するのであれば免許区分は《普通自動車第二種免許》になります。

これが大型二種免許になると、さらに大きな車でお客さんを運べます。
具体的には観光バスや夜行バスですね。

さらに、運転免許証は区分内で上位のものを取得していれば、区分内の下位の車は全て運転できます。

要するに…大型二種免許を持っていれば、タクシーだろうがダンプカーだろうが大型トラックだろうが、普通の自動車だろうが全部運転できるぜ!ってステキな免許なのです。(トレーラーは別に牽引免許が必要です)

どうですか?男のロマンを感じませんか?

えー。。。私は今のところ、トラックやバスの運転手さんになる予定は全くありません。
ですが、「俺はでかい車の運転免許あるんだぜぇぇぇ( ゚Д゚)」って自己満足としては最高です。

教習で〇〇を上手にクリアするには?…とか、合格の為には〇〇しよう!などの記事はネット上に量産されていますし、このブログでは《普通免許しかない素人が大型二種免許に挑戦してヒィヒィしてるところ》を楽しんで読んでもらえれば幸いです。

 

大型二種免許を取ろう!~その1~申込&学科教習①

自動車学校に入校手続き
現金50万程をぶち込む。レシートに印紙貼っただけみたいなショボイ領収書をもらう。
学科テキストをもらい、予約の取り方の説明を受ける。

今の教習所ってICカードみたいので予約とるんだねぇ
10代で普通免許取った時から考えたらスゲー進歩だわw

…10代の頃と比べて変わってないところを発見した。自動車学校の受付のお姉さんって…1人は必ず性格キツイ人がいる。
特になんかあるわけじゃなくてもピリピリした空気出すお姉さんがいるのですよ。
説明してくれた事務員さんは優しい子でした。良かったデス。

特に問題なく予約を完了して適性検査まで待合室でマンガを読んで過ごす。

適正検査⇒PCに向かってマウスでペチペチと質問の解答を打ち込む。当然ながら大人の力で高評価(^^)v

視力測定⇒視力は問題無いが深視力で手こずる…

※深視力検査とは?※

簡単に言うと、物の奥行きを認識できるかどうかの検査です。
遠近感が正確か、立体的に見る事ができるかを判定します。
大型免許や二種免許では必須の検査です。
左右の2本の棒を、真ん中の棒が手前⇔奥と往復して通過します。

 

事務員『3本の棒が並んだらボタン押してくださいねー^^ 3連続成功でおkです』⇒1回成功→2回目を慎重に…
事務員『あっ!連続でお願いします^^;棒が往復しちゃうとダメなんでー』

…要するに基準になる左右の棒の真ん中を一本の棒が往復する→仮に1回目を奥から手前で合わせたら、2回目は手前から奥に戻る動きで合わせないといけないって意味らしい。(必然的に3回目は奥から手前で合わせる事になる)

これ。。そもそも棒がどういう動きをするか+検査のやり方を最初に理解しないとわからんだろw
まぁひとまず問題なかったから良し。続いて学科の①へ

学科教習①

2種免許はこういう免許だよ~誇りと責任を持って運転しようね!みたいな内容の授業。
その日の教室は教官と俺だけ。授業内容は一瞬で終わって大半は雑談。

教官『○○交通さんの人・・・?』
オラ『いや、違いますぅ^^;』

教官『あ、じゃぁ仕事で?』
オラ『や、いまヒマなんで将来の為にと思いまして^^』

教官『んじゃすぐバスの運転手になる為にってワケじゃないんだ?』
オラ『ですねぇ、どうせ大型取るなら2種の方がいいかなと思ったんですw』

教官『あーなるほどねぇw○○交通さんとかいつも募集してるから免許取れたら行ってみたらw』
オラ『そうなんですかぁ^^』

※その後、雑談をしつつ事あるごとに『○○交通さんいつも運転手募集してるよ~w』とねじ込んでくる。
自分トコの卒業生から○○交通に運転手をねじ込むとバックマージンでもあんのかよ!と疑いたくなるが大人の愛想笑いで学科①終了

次回の予約等を確認して自動車学校を後にする。
帰り道でオラの5分前に教習所を出て行ったバイクが軽自動車と事故っているところを目撃する…

軽自動車のバンパーが無くなっていた…バイクのお兄さんは座り込んでいるが大ケガではなさそう。
なんか不吉だな。。。。

大型二種免許取得するなら助成金あるんだってよ!

学科終了後に教習所のちょっとエライ立場の人からアドバイスされた。

教官『ある君、ある君』
オラ『はい!なんでしょう?(゜О゜)』

教官『大型二種免許は職業訓練の助成金が出るから、一応職安で聞いてみた方がいいよ』
オラ『おぉ!マジですかー!もらえるなら嬉しいので、後で行ってみます!』

~後日~職安にて

オラ『すいませーん。いま大型二種の免許に通ってるんですけど助成金って…』
職員『はい。条件に当てはまれば助成金が交付されますよ!』

オラ『ホントですか!申請したいのでオネシャス!』
職員『はい。いま調べますねー。あれ…失礼ですが前職って?』

オラ『え…2年くらい雀荘の裏メンしてました!!』

職員『ゲフンゲフン…こちらでは無職の扱いになってますね…助成金を受ける資格が…』
オラ『…わかりました!お手数かけました!!』

えー。。要するに、お前がやってた仕事は、まともな仕事じゃねぇよwwww
って遠回しに言われて帰ってきました。

本当にアリガトウゴザイマシタ。
店に行くと毎日現金で手渡しされて麻雀打ってたからそうだと思ってたよ!

麻雀破壊神傀 [ 天獅子悦也 ]

価格:486円
(2017/5/26 05:29時点)