大型二種免許を取ろう!~その2~

第一段階技能教習①&②

本日は学科の受講はナシ。
初の技能教習⇒バスの運転を教えてもらいます。

どんな車で教習するのかな~って楽しみにしていたら、まんま路線バスでしたw
今時のバスに比べたらかなり古ぼけているけど、大きさや見た目はよくあるバスそのものです。

技能教習①

まずは運転装置の説明を受ける。
バッテリースイッチやら排気ブレーキやら、普通車では見たこともない装置が並んでいる。

ブレーキがエアーなのは知識として知っていたけど、ギアチェンジもエアーを使うと知ってビックリ。
試しにシフトを動かすと「…プシュ」と音がしてギアが入る。
すごいなーこれw

他にも色々と説明を受けたけど…教官が早口で喋るおかげでさっぱりわからん…(;´д`)

教官『マニュアル運転できるんでしょ?とりあえずコース出て走ってみよう』
と、教官から促されていざ発進!

ぶおぉぉぉーん…うぉん。カチャ・ブイィィイイイ!!!

オラ『ぬぁっ!ギア入らねぇえええ!ヤバイ目の前にカーブが!』
オラ『うぉっ!ブレーキの利きがっ!ギュギュゥゥゥ!ガックン(と…止まった)』

教官『これシフトもエアーだからさ、動かしたらちょっと溜めないとギア入らないよ
オラ『そうなんですかぁ^^;』

(そ れ を 先に言ええぇぇぇっ!)

気を取り直してコースの外周をクルクルしつつ慣れていく。

わかったのは自分が思うより遥かに大回りしないとダメってこと。
乗用車と違って運転席の後ろにフロントタイヤがあるから、自分自身がカーブの中に入ってからハンドル回すイメージでいかないと簡単にセンターラインを割ってしまう。

さらにブレーキの利き具合が把握しづらい…あるライン越えるとガクっと効くし、踏まないと減速しないし。。普通車に比べて全てが大味な印象。

まずスムーズに走らせるのにハードル高そうだわ( ̄▽ ̄;)
とりあえず発進の時は
車内目視→左右ミラー→目視!

わかったこと。
●ブレーキは利くまでにタイムラグというか、ジワっと利いてくる。すぐに減速しないからといって踏み込むとガックンになる。
このくらい当てておけば、このくらい減速するはずって感覚を覚えようそうしよう。

●シフトは動かしてからタメないと入らない。スポーツカー乗ってるつもりでサクっと変速しようとするとギア抜けオワタになる。

●半クラはかなり上の方にある。

技能教習②

今度はさっきとは違う教官。良かった…言ってることが聞き取れるわw

引き続き教習所のコースをぐるぐるしながら右左折を繰り返す。
さっきよりはマシに運転出来るようになった。
左折でメチャメチャ苦労してるところに教官から鶴の一声。

教官『ある君、左折の時は曲がる方向のセンターラインからはみ出していいんだよ?』
オラ『えっ!?(゜О゜)そうなんですか!』(はぁ!?マジっすかー)

教官『いや、そうしないと脱輪するよここの左折の角度だと』
ーー『交差点に入る前に右にはみ出すわけにいかないんだから、曲がる時に出るのはいいんだよ!』
オラ『わかりました^^』(最初に言えや…)

その一声でかなり曲がれるようにはなった。まぁ車両感覚が馴染むまでは苦労しそうだ…。


んで…バス初の坂道発進

(フフフ…さすがに坂道発進はマニュアル車に長年乗ってたから余裕だぜw)

(えーと…サイド引いて1速半クラ、車が前に行こうとする力を感じたらサイドを戻せば間違いねーべ)

グオオーン…クラッチ上げて…プルプルプルプル

(お、繋がった…このくらいかな?)

ここでサイドを…yr7a4sdfoaisu%”#$2!??

なんだ!登らねーぞヽ(д`ヽ)。。オロオロッ。。☆

あ!ちょっ…落ち…プシュ!(ブレーキ踏む)

 

ん?(゜О゜)

えっと…


セリカ…スープラ…ごめんよ。。。

お前達で身につけたと思っていた俺の左足テクはゴミだったみたいだわ(ーー;)

FAST and FURIOUS BRIAN’S TOYOTA SUPRA White 1/24 Jada 3087円【 ワイルドスピード ブライアン トヨタ スープラ ホワイト 白 ジャダ ミニカー ダイキャストカー 】【コンビニ受取対応商品】

価格:3,333円
(2017/5/28 03:35時点)

いままで愛した車達に土下座したい気分になった。

待て!落ち着け…もう一回だ。

(今度はちょっと大げさにアクセル開けてサイド引いたままでも進むくらいまで繋いでみるか…)

ブオン…ブオオオーン…プルプルプル

『…あれっ?(*_*;』

(ここで半クラで繋がってるはずなんだけど…なんか前に進もうとする車の動きが伝わってこねーぞ??)

教官『そのままサイドをスパっと下ろせば大丈夫だよ!』
オラ『は…はいっ!』

ーーーガクガクガク…ブオ…ブオオーン

教官『はいできた!やったね!』
オラ『ありがとうございます^^』

(いや…ちゃうねん!スムーズに坂道発進できないとさぁあああ!!)
(とりあえず前に走ればいいってだけならアレだけど、これできたっていわねーべw)

ハンコはもらうけどな( ´゚д゚`)

 

本日の考察

普通車の時は半クラの時に、車が前に行くよー!っていう重心移動みたいなのが伝わってきたから問題なく坂道発進できる。

少なくても今日乗ったバスの場合は、サイドを外して問題なく登れるくらいで半クラしても自分の体に重心というか力の移動が感じられない。

レブメーターを見ながら、このくらいアクセル開ければ大丈夫っていう判断で坂道発進をした。

確かに坂道発進は成功できる。
だがしかし…下がらないか心配しながらサイドを外さないといけない状態って精神的にダメだろ…w

…うーん。

『…ディーゼルなんだし、空のバスの1速ならアクセル開けなくても坂登るんじゃね??』
『そしたら発進はスムーズになるし…むしろ2速で坂道発進してーな。。。。』
次の教習でやる時に教官に聞いてやってみるか…。

※ちょっとビックリしたこと
教習終わりで車を停める時にUターンをしたんだけど、バスの前輪ってメチャメチャ切れるw
一度しかいっぱいまで切らなかったけども、感覚的には普通車みたいな回転半径で回ったような気がする。

思わず『おぉぉ~!すごい切れる!(゜О゜)』って声に出したくらい。
教官が『すごいでしょー!トラックはこんなに切れないけどバスは小回り利くよー!』って嬉しそうだったw