サイト運営者は必見。サイト表示速度の問題

実は管理人は全く別のカテゴリーでサイトを作りまして、なんとなく運営しています。
割とマジメに運営している成果あってか、意外とアクセスが集まっています。

如何せんサイトが重い

情報量や画像が増えるとサイトって重くなるんですよね。
かなり改善されましたが、ワードプレスは元々「重い」で有名でしたからね。
特に今はスマホユーザーが圧倒的に多いので、この点は注意しておきたいところです。

表示に3秒以内であれば問題ないのですが、サイトの表示に3秒以上かかるようなら過半数の閲覧者がサイトから離脱するという統計がでています。

放置しておけばユーザーが離れ、SEO的にも良くない。当然ながら広告収入も減りますね。

血反吐を吐く思いでひたすら軽量化をして問題解決したのですが「そういえばウチのサイトってどうなんだろ?」と思って調べてみました。

自分のサイトの重さってどうやって調べる?

こんな便利なサイトがあるんです。
貴方のサイトやよく閲覧しているサイトのURLを入力してみてください。


うはwww29てww

中々の遅濡ですなぁwちなみにPCスコアは42点。絶望的ですね!
これじゃ閲覧者様に申し訳ないと思い、改善してみます。

ワードプレスを更新

これは注意しながらやってください。場合によってはプラグインが動かなくなったりします。
自分が使っているワードプレスのバージョンを確認してからやりましょう。

プラグインが止まったりするのは面倒なので、私はやりませんでした。

要らないプラグインを全部削除

使っていないプラグインや、無くてもなんとかなるであろうプラグインは全部削除。
これだけでも結構違います。要らないものはポイーッ!

スコアは29→32

画像をまとめて圧縮

EWWW Image Optimizerというプラグインを導入します。
インストール後に有効化すると、メディアの箇所に「一括最適化」というメニューが追加されます。
一括最適化には割りと時間が掛かるかもしれません。

画像を沢山使っているサイトでは、これを使うだけでかなり早くなります。

スコアは32→39

WP Fastest Casheを導入してキャッシュを作成

このプラグインはありがたいことに日本語に対応しています。
インストールすると、管理画面のメニューバーに表のアイコンが作られます。
何だか頼もしいですよ!

説明が面倒なので省きますが、「設定」箇所の全部にチェック入れちゃえば問題ありません。

スコアは39→46

プラグイン「Unveil Lazy Load」をインストール

このプラグインを有効にしておくだけで、サイト内の画像読み込みに遅延をかけてくれます。
つまり「画面が真っ白状態」を予防してくれるんですね。

とても簡単に導入できるので、是非入れておいたほうがいいです。

ダメ押しの一手

ftpを開くと「.htaccess」というファイルがありますね。アイツを弄ります。
ただしミスするとサイトが真っ白になるので、必ずバックアップとってからお願いします。

フォントのキャッシュを2年保持と、圧縮の設定を指定します。
フォントなんて、まず変わらないからね!

htaccessの最後に以下を付け足します。

スコアは46→51へ。

トータルでスマホ29→51 PC42→76

とりあえずはこの辺で良いんじゃないでしょうか。
上記を試すことで、ほとんどの軽量化作業は完了します。
※スコアは時間帯によって変化します。

もっともっと痩せたいのぉ~!という方

不要なコンテンツや、一度に表示されるを減らすことです。

・バナー及びバナー広告を排除
・一度に表示される記事数を減少
・不要なプラグインを再度確認
・サイドバーの表示を削る(少量をFIXで表示するのも○)
・サーバーもしくはサーバーの設定を変更する(古いphpでは、当然反応が遅いです)

是非お試しください☆