悪質出会い系サイトへの登録

door-1590024__340

今回は悪質サイトの入り口のお話です。

いわゆる悪質サイトって入り口の時点である特徴があります。それは…

【悪質サイトへユーザー自身が登録するのは全体の1%にも満たない】という点です。

どういうことかって?
例えば[ヘルファイヤー](もちろん仮名です)という悪質サイトがあったとして、
そのサイトに登録されている=会員扱いになっているアドレスが1万件あると仮定します。
その1万件のうち、ユーザー(利用者)自身が[ヘルファイヤー]というサイトを自分で検索して
自分で登録して、サイトを使うのは全体の1%(100人)にも満たないという事です。

要は自分でそのサイトを使おうと思って登録してくる人はほぼいない。

え…それじゃ他の99%はどうやってサイトに登録されるかって?

・無料サイトからサクラによる格上げ
・系列サイトからの同時登録
・数千人単位のアドレスをサイトにぶち込む
・自社他サイトからのたらい回し

などなど、例を挙げればキリがないのですが、正規の登録とは別なやり方で
サイト内に放り込まれるわけです。

pegasus-695829__340

釣られる前に自分で飛び込もう

タイトルで驚いた人もいるんじゃないでしょうか
「こいつ…出会い系に飛び込めなんて悪者じゃないのかっ!?」と思われたかもしれませんね。

まぁ聞いて下さい。別に悪質サイトに飛び込めって意味じゃありませんw
悪質サイトって自分の意志とは関係なく登録されるのが実際のほとんどですよね。

それを踏まえて考えてみると…
・何かの勧誘メールをキッカケに結果として出会い系サイトに登録するよりも
自分で考えて選んだサイトの方がよっぽど優良サイトに当たる可能性が高い

という事になりませんか?もちろん強引なこじつけだと言われても仕方がありませんが
私の個人的な見解だと、悪質サイトにカモにされてしまう人って
・基本的に受け身で流されやすい
・プライドが高く、決断力がない。

こんな雰囲気の人が多いと考えています。

●受け身の人は、自分からサイトに飛び込む事を躊躇してモジモジしてる間に
悪質サイトからの勧誘メールに背中を押されて登録してしまった…。

●プライドが高い人は、自分で選んだサイトが失敗なんてあり得ない。だから決められない。
豪勢な勧誘メールから悪質サイトに引っかかった。でも自分で選んでないから失敗じゃない!
「だってほら!勧誘メールにこんなの書いてる!ちゃんとしないサイトが悪いんだ!」

うん…その通りですけど、悪者相手に正義や悪を説いても時間の無駄じゃないですか
私の主観ですが、こと出会い系サイトに限っては受け身で待っていても、手に入るのは
地獄への招待状くらいです。しかも無数にw

death-1460981__340

それなら勧誘メールなんかを見て考え込むより、自分で使うサイトを探しましょう。
もちろん決断して攻め込む時にはリスクだってあります。物事に絶対はありませんし。
結果として変なサイトや業者に引っかかって痛い思いをするかもしれません。
でも自分で選んだ結果としての経験なら次に活かせる糧になるじゃないですか。

今回のサイトはここがダメだった。次を選ぶ時は気をつけようって。
これが釣られて決めたサイトだと、何が悪かったのか原因もわかりませんよね。

サイト選びにおいては、待ちより攻めが強い。それが私の見解です。guile

■今回のまとめ

受け身をとっても守備力は上がらない